TOP

今宵も風俗体験談について語りたいと思います。ぜひご覧ください。

五反田の風俗での理想はちょいポチャ

いつも利用する風俗に抱いている理想は人それぞれだと思います。自分の場合、五反田での風俗の理想は決まっています 。それはちょいポチャな女性です。
これは難しい感覚なんですが、恋人にしたいとかではなく風俗で遊ぶのであればちょいポチャがいいんですよ。ちょいポチャの風俗嬢とは五反田でこれまでも何度か楽しみましたけど、彼女たちは基本的にサービス精神が旺盛です。やっぱり彼女たち自身もちょいポチャということで体型やスタイルが武器にはならないってことはよく分かっているんですよね。だからこそ、体型をカバーすべきサービス精神を発揮しなければならないってこともよく分かっているんですよ。そこに感動しますよね。
なので、よく利用する五反田の風俗ではちょいポチャがいいんです。自分のためにかなり尽くそうとして頑張ってくれますしね。むしろそれが大きな魅力でもあるんじゃないのかなって思いますし、やっぱり風俗っていろんな形で楽しむことが出来るんだなって思いましたね(笑)むしろそれが一番というか、自分にどれだけのことをしてくれるのかが風俗における重要なテーマだと思うので、自分はちょいポチャな子がいいんです。

風俗で時間を忘れましたよ

あの日、五反田で時間を忘れて風俗を楽しむことが出来ました。いつもは割と時間配分に関しては頭の中でなんとなく分かるんですよ。こっちとしてもそれなりに風俗を楽しんでいますので、やっぱり時間配分くらいは何となく分かるようにはなってきたんですけど、前回の五反田の風俗に関しては時間そのものを忘れて夢中になれたんじゃないかなって思っています。あそこまで自分自身、のめりこんだのは初めてってことなのかもしれないですよね。
なぜ没頭してしまったかというと、彼女の受けっぷりが素晴らしかったんです。風俗では攻めたり攻められたりといろいろと経験してきたつもりではあるんですけど、彼女の受けっぷりはこれまでの女の子の中でも最高レベルのものがあったんじゃないかなって思ったんです。だからこそ、時間配分も何も考えることもなく、気付いたら勝手に終了直前になってしまっていたんですよね。
それってよくよく考えると本当に凄いですよね。自分の気持ちをコントロールすることが出来なくなったって言っても過言ではないんですし。